DIYで賃貸住まいをオシャレにする。インテリアとDIYの総合サイト

  • FaceBook
  • Staff Blog

小さくてたたみにくい子供服の収納をDIY

小さくてたたみにくい子供服の収納をDIY

小さくてたたみにくい子供服。一日の着替えの回数が平均3回もあるので、雨で洗濯できない日なんかあると大量の洗濯物で部屋が溢れてしまいます。
どうしたもんかいの〜と考えていたらひらめきました。たたみにくいのであればたたまなければいいのです。

この記事を書いた人

上山 潔丈 YUKIHIRO UEYAMA

広告運用、デザイン、ディレクターなど何でもやる担当。何屋さんなのか、本人も周囲もイマイチよくわかっていない。海の美しい伊東から参画。家を建てる予定なので、今後のDIY環境はバッチリ!

  • 増え続ける子供服の洗濯物

    増え続ける子供服の洗濯物

    うちの娘(2歳)は保育園通いで、夏場は園のプールもあり一日2〜4着の衣類が洗濯されます。放っておくと気がついたら洗濯物が難攻不落の山となることもしばしば。
    頑張って片付けようにも小さくてたたみにくし、男性からしたら女児用ワンピースなんてどうたたんだらいいのか皆目検討がつかないし、一向に減らないし、、ということで本質から考えました。

  • 洗濯物をそのまま収納できるハンガーラックをつくろう

    洗濯物をそのまま収納できるハンガーラックをつくろう

    ハンガーラックなら取り込んだ衣類をそのまま片付けられるので、今回の問題を解決する一番の収納方法ではと気づきました。
    さらに子供の目線の高さで使えるものであれば、子供が自ら着る服を選べるので一石二鳥!
    親が選ぶと「今日はこの服じゃない!」と駄々をこねることがあるので、自分で選ばせるのがいいらしいです。

  • ハンガーラックの仕様を設計

    ハンガーラックの仕様を設計

    とはいえDIY初心者なので、具現化するのに戸惑いました。今回重視するポイントは
    1)前後、上下の計4段で構成
    2)ひとつひとつのポールは外して前後上下を入れ替えできる

    という点。
    ズボン、アウター、インナーごとにサイズも違うのでかけるポールは分けたい。となると最低3段は必要になると考え、4段にしました。画像が製作イメージ。
    当初は上・中・下の3段を考えていましたが、そうすると180cmくらいになるので、妻に怒られると思い泣く泣くボツに。
    ポールは支えに溝を彫り固定できるようにします。

  • 材料はホームセンターで購入

    材料はホームセンターで購入

    大体の設計は練れたのであとは材料の購入。ネットで探すと材質もわかりにくいし、何より似たような商品が膨大にありすぎ混乱するので近所のホームセンターで選ぶことにしました。
    買った実際に材料は以下の通りです。

    焼桐集成材(910mm×17mm×400mm/横板用)×2:2,960円
    焼桐集成材(600mm×17mm×400mm/天板用)×1:1,280円
    焼桐角材(600mm×18mm×18mm/ポール用)×4:392円
    焼桐角材(900mm×30mm×45mm/ポール支え用)×2:1,196円
    スリムビス(45mm/140本入り):228円
    ・木材カット加工:100円

    焼桐を選んだのは希望サイズと近いものがあったのと、なにより安かったため。

    大きい木材をカットする道具が自宅にないので、木材カットを100円で行ってくれるのは大変助かります・・・!今回は900mmの焼桐角材を半分にカットし、450mm幅にしました。
    他にもダイソーで木目調補正テープと金折4セット、木ネジを購入。ここまで合計で6,500円程度。意外にかかってしまいました。。

  • ハンガーラックの組み立て

    実際に組み立てていきます。構造は簡単なのでスムーズに作業できました。
  • 1)ポール支えのカット面を補正

    1)ポール支えのカット面を補正

    ポール支えはホームセンターでカットしてもらったものですが、カット面がむき出しなのは不格好なので木目調補正テープで補正。なおカット面は裏面に来る想定なので、面倒だったらそのままでもいいかもしれません。

  • ポール支えに金折を固定

    ポール支えに金折を固定

    1で補正したポール支えに金折を木ネジでつけていきます。ポール支えは全部で4つあるので地道にねじねじ。
    ちなみにこのポール支え用の角材には10cmくらいの間隔で溝があるので、ポールを支えるのに非常に役に立ちます。当初自分で溝を彫ろうと思っていたので、、メーカーさんに感謝。

  • 3)ポール支えの位置を決め横板に固定

    3)ポール支えの位置を決め横板に固定

    1で補正したとはいえよく見るとテープとわかるので、カット面は裏側にくるように考えながら横板に固定していきます。
    高さは実際に子供服を置いてみて調整していきます。横板は左右あるのでどちらも同じ高さになるように。

  • 4)横板に天板を固定

    4)横板に天板を固定

    横板に天板をスリムビスで固定していきます。今回は左右それぞれ3箇所ずつ留めました。
    なお今回スリムビスの長さは天板の厚さの「2倍以上、3倍以内」が目安となるようです。今回天板は17mmでしたので45mmのビスを選びました。

  • 5)強度不足により急きょ背面を固定し

    5)強度不足により急きょ背面を固定し

    ここまでで一通り組み終わりましたが、、立ててみると非常に不安定。ぐらぐらしており、とても天板の上に物を置ける状態ではありません。
    どうも調べてみると、「DIYしたものがぐらぐらする」はDIY初心者あるあるのようです。。お恥ずかしい。
    というわけでぐらぐらしないように背面を板で固定しました。

  • 6)完成!

    6)完成!

    どうでしょうか。見た目安っぽいですが、個人的にけっこう満足しています。
    ハンガーが不足しており服を完全にかけられていないので実用面でどんな問題が出てくるか想定できませんが、ひとまずはこれで良いでしょう。

  • まとめ

    まとめ

    完成画像をご覧になるとわかるかもですが、、高さがいまひとつ足りませんでした。今回高さは90cmで製作しましたが、あと30cm高くしておけばよかったと反省です。まあ子供の成長が早かったということで。。

    また焼桐材はべたべた触れていると手が煤けてしまうので注意が必要です。桐は材の狂いが少なく保護(塗装、オイル等)しないでも使える数少ない木材なのでオススメですが、焼桐は子供服の棚には向いていないかもしれません。

この記事が「ためになった」らツイート&いいね♪をお願いします^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • mainimage_

    小さくてたたみにくい子供服の収納をDIY

    小さくてたたみにくい子供服。一日の着替えの回数が平均3回もあるので、雨で洗濯できない日なんかあると大量の洗濯物で部屋が溢れてしまいます。 どうしたもんかいの〜と考えていたらひらめきました。たたみにくいのであればたたまなければいいのです。

  • パテ埋めした跡を見えなくする方法

    家具の傷をパテ埋めし、木目を描いて傷を完全に消す方法

    以前、YouTubeで家具職人がパテ埋めした上から木目を描いて一体化させる動画を見て、「スゲー!職人技だ!」と感動したのです。同じことができるかもなんて厚かましいとは思ったのですが、やってみたら意外とイケてる気がするので掲載します。 プロとは比較になりませんが、大事なのは傷の放置・パテ埋め放置よりも格段にマシとい ...

  • スペーシアで脱衣所に収納を作る

    狭い賃貸の脱衣所に収納を増やす! 「スペーシア」でラックを作ってみた

    賃貸の脱衣所って、脱いだ物を置く場所がない!洗濯物は洗濯機か洗濯かごに入れればいいですが、洗濯に直行しないものって意外とありますよね?スーツ、ジーパン、ベルト、レザーや毛皮の付いたもの、ウールのセーター。そういう物をちょっと置ける場所を、「スペーシア」で作ってみました。(文:金曜大工編集部 2021年12月22日)

  • 00

    材料は子どもと一緒に公園で拾う!
    100円でできるリースの作り方

    材料費100円でできるリースの作り方をご紹介!ベースとなる輪っかを100円ショップで購入し、適当な庭木の葉を少し切ってきます。あとは、枯れ枝、葉っぱ、どんぐり、松ぼっくりを組み合わせるだけで、リースの完成♪とっても簡単です。フレッシュリースはやがて枯れてしまいますが、12月の恒例行事として毎年違うデザインのものを作 ...

  • fc4fc999f300d35ca9569f17fc23ee27

    【作り方】プラスチックスプーンのランプ

  • 00

    紙袋屋さんに教えてもらった、カンタン紙袋の作り方

    お気に入りの包装紙を使って、簡単に綺麗な紙袋を作る方法をご紹介します。これは紙袋屋さんに教わった方法です。市場に出回っている紙袋は製袋機という機械で作られていますが、これと同じことを機械でやっているだけなんです。しかも、穴に紐を通す作業はすべて手作業なんですって!知ってました?というわけで、これならプロと同じクオリ ...

  • top4

    100円ショップアイテムで作る!
    オンリーワンな花冠で”可愛い”をDIY

    ライブやフェスなどのイベントに、花冠を着けて参加する「花冠女子」。元々はアメリカのライブ発祥のファッションですが(60年代のウッドストックではないかと…たぶん)可愛いものに敏感な日本の女子の間に流行中ですよね。最近では、特別なイベントだけでなく友達と遊ぶときにもカチューシャ感覚で身に着ける女子が増加しているとか!そ ...

  • shutterstock_192905237

    ひんやり気持ちい〜い!
    ハッカのアロマスプレーの作り方

    シュッとスプレーするだけで体をクールダウンできる、ひえひえスプレーを作りませんか?市販品でも、シャツに吹き付けるスプレー、シャワー後に肌につけるローション、ウエットシートなど、涼感を得るためのアイテムは沢山売られていますが、あれはどういうものかと言うと、ぜーんぶ一緒。メントールでスースーさせています。 さて、 ...